ビカクシダ

RIMG0207

RIMG0211

RIMG0212

RIMG0213

「ビカクシダ」というヘラジカの角のような不思議な形の植物。友人に教えてもらって素敵だと思ったので、私も真似して育ててみることにした。映画『ザ・ロイヤル・テネンバウムズ』のなかで猪の剥製が出てきて、いつか私も欲しいなあと思っていたのだけど、動物の剥製が似合うような家に住んでいないし、沖縄だと暑苦しい印象になりそうなのでビカクシダは調度良いというわけ。ヘゴ板に根づけをして、さらにそのヘゴ板を家の棚を作ったときに余った正方形の板材につけた。蚊に囲まれ悶えながら作業した。葉がびょーんと飛び出していて迫力がある。これはいい。せっかくなので外で写真を撮ったら、周りの沖縄の緑たちも同じくらい迫力があって、ビカクシダはもとからそこにあったかのような感じになった。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中