Archive for the ‘衣食住’ Category

2014/02/08

RIMG0043

RIMG0058

RIMG0065

RIMG0169

RIMG0031

RIMG0036

RIMG0014

RIMG0163

RIMG0002

RIMG0171

RIMG0049

RIMG0067

R1079959

RIMG0056

RIMG0223

R1079939

沖縄の冬はそれなりに寒い。けれど、寒いと感じる日でも息が白くなることはなくて、夏ほどの勢いはないにせよブーゲンビリアやハイビスカスが咲いている。日差しが強いと初夏のような陽気になって、家を出るときには薄手のコートでちょうどいいと思っていたのに歩いているうちに脱ぎたくなってしまう。那覇のまちには、ダウンジャケットやファー付きのコートを着ているひと、潔く半袖で歩いているひと、色々いて面白い。

寒い夜にボイラーの灯油が切れてしまい給湯できずに弱った。大家さんに伝えると、「あそこに連絡すればいい」「いやあそこはガス専門だろう」などと家族総出で話し合ってくれた末に、ここのオヤジに電話して、と番号を渡された。どんなオヤジなのかと少し心配になった。電話をかけると、奇麗な女性の声で丁寧に対応されたものだから、無骨なオヤジが出るのを覚悟していた私はちょっとドギマギしてしまった。翌日灯油を運んできてくれたのは、爽やかなお兄さんだった。

東京は10年に一度の大雪らしい。”何年に一度”とか”何年ぶり”とかって表現、最近よくみるよねと夫と話す。雪のつもった駒形橋を渡っている動画が送られてくる。シャリシャリ歩く音がする。

雪をはじめて見た沖縄のひとがうれしくて食べちゃったという話をきいたよ。なんだか可愛いよね。

3ヶ月

2013/07/03

東京から那覇に引っ越して3ヶ月が経った。なんだかんだで那覇宅を留守にすることが多くて、実際に住んでいる期間は半分くらいだったのだけど、家でネットもできるようになったし、ゴミを出す曜日もおぼえたし、部屋も汚くなるしで、だんだんと生活している感じが出てきた。東京の仕事を辞めてからはプー太郎なので、基本的に毎日だらだらと過ごしている。朝起きてだらだら、洗濯してだらだら、音楽聴いてだらだら、買い出しに行ってだらだら...。だらだらが板についてきている。沖縄はもうずっと溶けそうな真夏日が続いていて、私の脳みそも腐って溶けてこのまま孤独に死んでいきそう、とか思ったりする。

今朝、部屋の壁に見たこともない形の大きな蜘蛛がいてびっくりした。前に地元の人が「この時期は変な蜘蛛が出るよ」と教えてくれたことがあった。そいつかもしれない。少し透き通った淡い色の蜘蛛は、放っておいたらいなくなっていた。昼、近所のパン屋のおばちゃんに勧められた「冷やしホワイトチョコがけクロワッサン」が美味しかった。夕方、靴のなかに尻尾の切れたヤモリがいた。逃げ足が滅茶苦茶速くて、ポカンとしてしまった。夜、東京の夫と電話。仕事が忙しい様子。夕飯はポトフとのこと。4月に買った白いブーゲンビリアが一度散って、また咲いた。

私は。

自分の孤独が、すごく懐かしくて、愛しい。寂しさや焦燥や罪悪感もひっくるめて、私を圧倒する。何を食べてもいい。何を飲んでもいい。どこへ行ってもいいし、行かなくてもいい。これから会う誰かと仲良くなってもいいし、ならなくてもいい。自分の身体のまわりの自由。自分の身体のまわりの幸福。胸がいっぱいになる。明日はあの人に会ってみようかな。

R1079062

ホットドッグ

2012/06/10

【ごはん】焼鮭、レンコンのフライ

2012/04/06

 

爆弾低気圧

2012/04/03

あし

2012/04/01

ザムザ

2012/03/26

My Ital Life

2012/03/24

Sweet Times

2012/02/26

 

ロボタにおはよう

2012/01/30