Archive for the ‘exhibition’ Category

インシャラー展のバック&ブック

2014/01/08

RIMG0067

234のインシャラー展のブックレットを作りました。図版とともに、詩人の与那覇幹夫さん、〈市場の古本屋ウララ〉店主の宇田智子さん、デザイナーのWくんのテキストが収録されています。

「なんでもいいので、個展へむけた文章を書いてほしい」とだけ伝えて、どんなテキストが送られてくるのか。わくわくしながら待っていました。実際に手にしたそれらは、私の予想を超えたすばらしい言葉たちでした。読むたびにひらめき、勇気がわいてくる。

このブックを読んで、ある人は「全く意味がわからない」、またある人は「涙ぐみながらみた」と私に教えてくれました。興味のある方は、ぜひ読んでみてください。数量超限定です。

【234のインシャラー展 記念バッグ&ブックセット】

市場の古本屋ウララさんの店頭にて販売中!

遠方の方はお店のHPにあるメールアドレスよりご連絡ください。

RIMG0128

インシャラーエンドの年を越して、絵の可能性

2014/01/08

10

1

0

2

3

13

4

7

9

6

8

インシャラーの壁に貼ってあった私の絵は、どんな人たち、どんな風景のなかにあったのだろう。絵はただそこにある。じっくりと絵をみつめた人も、展示に気づかずに珈琲を飲んで帰った人も、いろいろだったに違いない。10日間、限られた時間と空間のなかで、絵は自由に表情を変えたと思う。想像するとわくわくする。絵の可能性が膨らむ。

インシャラー展で終わった年を越えて、ニューイヤーがやってきた。

【個展】画家宣言から1年、那覇の喫茶店インシャラーで個展をやる

2013/11/06

プリント

02_out

家の台所で、夫に向かって「画家をやる」と唐突に宣言してから1年。こんな自分でも何かをつくり出して、日常を変えていけるのだと感動したり、どんなにがんばっても変わらない景色に不貞腐れたり、投げ出したくなったり。

自分で宣言しておきながら、画家という言葉が何を意味するのかわからないし、未だに曝け出すのは恐ろしい。それでも、出し惜しみをせず、素直な心で絵や絵をとりまく物事と向き合う努力をすれば、結果として、強烈に楽しいことがあったりする。その楽しさを証明することはできないけれど、とにかく、がむしゃらにやりたいと思えるのだ。ここでは。

今回、那覇の国際通りで40年続く名喫茶「インシャラー」で個展を開催させてもらえることになった。インシャラーの歴史ある佇まいとエキゾチックでほの暗い空間は、言葉で言い尽くせない味わいがある。私の大好きな場所のひとつだ。

しかし、単なるファンとして通うのと自分の作品を店に飾らせてもらうのとでは、ハードルの高さが全く違う。そもそもギャラリーではないし、私のような沖縄に住んで間もない無名の絵描きには、色んな意味で畏れ多くて。インシャラーで個展をやりたいなあ、なんてぼんやり考えていた時はまだ良かったのだが、個展の話を持ち込む段階では「何でこんなこと思いついちゃったかな。トホホ」という感じだった。

だからこそやる意味がある!なんて大袈裟に自分を鼓舞して、オープン前のインシャラーの店内で話をさせてもらった。マダムに絵を見せると「アラ、可愛いじゃない。良いわよ、いつやるの?」と快諾していただいた。今思えば、随分アッサリと決まった気もするが、その時はただただ踊り出したいくらい嬉しい気持ちでいっぱいだった。思わずマダムの手を握ってしまうほど。

そんなこんなで、12月6日〜16日の10日間、身分違いの恋が叶います。

冬の沖縄で、『234のインシャラー展』、やります。

絵と写真を展示します。来てね。

Special thanks to

珈琲茶館インシャラー(Cafe in Naha)

Tomoko Uda(This text is a tribute to her lovely work.)

W from A&W design (flyer design)

SoccerBoy (flyer photo)

(敬称略)

【個展】HOMELESS

2013/04/25

image

【個展】うむきかいのおわりに

2013/02/06

001

234-1

R1078267

うむきかい

R1078289

R1078279

R1078264

R1078243

R1078246

R1078247

R1078297

R1078255

濃密な一週間であった。多くの人が自分が生みだしたものを観てくれた。絵の前で腕組みをしながらじーっと佇んでいた青年。「最後に生まれてくるのは宇宙人だよ」と無邪気に教えてくれた子ども。大切な友人たち。彼らの無意識に何か響くものがあったなら嬉しく思う。けれど、もしそこに何もなかったとしても、私は勝手に生みだしつづけていく。そういう腹が決まった一週間であった。

【個展】うむきかい

2012/12/26

001

234初の絵の個展「うむきかい」を開催します! 寒空のもとですが、ぜひお越し下さい。はてさて何がうまれるやら。

info UPLINK GALLERY

XXX

2011/03/11

XXX